Friday, May 22, 2015

Stop causing more karoshi with zero overtime pay, people protest against labor deregulations




Nearly 2,500 people joined a rally on May 14 in Tokyo to speak against labor deregulations under Abe government that is feared to increase more karoshi. Unionists from across Japan and across different confederations of Japans labor unions--Rengo, Zenroren and Zenrokyoexpressed their concerns and anger over the dispatch law, which is expected to create more casual workers, and lifting eight-hour work restrictions. Deregulating labor standards law and overtime work restrictions is a backward move, TERANISHI Shoko, whose husband committed suicide over 4,000 hours of work a year, spoke. I want the government to aim for zero karoshi rather than zero overtime pay so as never to see another family like us saddened by a loss of family members.
(By M) PhotoPeople chant protest slogans against Abe government.

残業代ゼロでなく過労死ゼロを!~安倍の雇用破壊に反対する集会開かれる

 5 月14日夜、東京・日比谷野音には連合・全労連・全労協・中立のオールユニオンの組合旗がたなびいた。日本労働弁護団などが呼びかけた「取り戻そう★生活 時間と安定雇用~許すな!雇用破壊~5・14ACTION」には、約2500人が集まった。三重県からバスで20余名で参加した「ユニオンみえ」のメン バーもいた。いま安倍政権は雇用破壊につながる2つの労働法制改悪案を上程している。不安定な派遣労働を固定化する「労働者派遣法」と、労働時間の規制を とっぱらう「労働基準法」だ。集会では「生涯ハケン」「残業代ゼロ」を絶対に許さないとの発言が続いた。年間4千時間の過密労働で夫を「過労自殺」で失っ た寺西笑子さんは、「労基法改悪・残業代ゼロ法案は過労死防止法に逆行している。これ以上悲惨な遺族をつくらないためにも、残業代ゼロではなく過労死ゼロ にしてほしい」と訴えた。参加者は集会後、国会請願デモを行った。(M)
*写真=プラカードを掲げてコールする参加者


Nikko Kinzoku workers organize, take majority in Hokkaido




Nikko Kinzoku workers established a union in Ebetsu, Hokkaido, on May 9 taking the majority workforce. The union is inviting all workers at affiliated companies and part-timers at Nikko. Because the manufacturer of prefabricated garages were expected to bust the union, organizers thoroughly explained unfair labor practices prior to the union establishment. The workers are well prepared against any oppression and will never be defeated.
(By SUZUKI Hajime, Sapporo Community Union) 
Photo: Workers at Nikko attends the first general meeting on May 9.

札幌地域労組:日江金属で組合結成!全従業員の過半数を制する勢い

 札 幌地域労組、鈴木です。カスケードガレージで有名な、江別の株式会社日江金属(ニッコウキンゾク)で昨夜(5/9)、組合(札幌地域労組日江金属支部)を 結成しました。現在、関連会社の社員やアルバイト、パートを含む全ての労働者に加入を呼びかけていますが、組合が全従業員の過半数を制する勢いです。間違 いなく激しい不当労働行為を仕掛けてきそうな会社なので、結成準備会では不当労働行為について重点的に解説し、弾圧への覚悟と備えをすることを繰り返し呼 びかけてきました。そのかいあって、皆しっかり腹をくくってくれました。経験上、腹をくくった組合結成は絶対に潰されません!! 
 *写真=組合結成大会(5月9日夜)

Angry 35,000 vow to protect Article 9, protest Abe’s war legislation in Yokohama



Numerous protest actions and demonstrations have been held day in and day out ever since Abe government was installed. We have never seen this in the 70 years after the war.
 One such angry protest rally was held in Yokohama on May 3, the Constitution Day holiday, and drew 35,000 people from all walks of social movement.
 They expressed furious anger against Abe government, which is trying to establish war legislation in cooperation with the U.S. government.
(By KINOSHITA Masaaki) Photo by a group to report via helicopter, NODA Masaya (JVJA)
横浜・臨港パークを埋めつくした怒りの3万人~5・3憲法集会

 毎 日のように安倍政権の抗議集会やデモが行われている。こんなことは戦後70年のうちにあっただろうか。5月3日、真夏のように暑い日差しのなか「5・3憲 法集会」が横浜みなとみらいの突端にある臨港パークで開催された。主催者によると、これまで東京・日比谷公会堂が主な会場だったが、それでは入りきれない ので今年は横浜になったという。昼12時すぎるとのぼりやプラカードを掲げた人々が、続々と公園に集まってきた。これには驚いたが、主催者発表で3万人以 上ということだった。国民をないがしろに、アメリカ政府と結託して戦争法案をつくろうとする安倍への激しい怒りが、このような大結集となった。(木下昌 明) 
動画(4分22秒)*写真撮影:正しい報道ヘリの会 野田雅也(JVJA)

Thousands march for workers’ rights on May Day in Tokyo




Some 28,000 workers participated in May Day demonstration held at a Tokyo park by Zenroren and called to stop Abe governments labor deregulations and reduction of workers rights. On the march out to the streets of Tokyo, demonstrators called to protest against the right to collective action and to abolish secrecy law. They also called out to NHK near the park demanding its director MOMII Katsuto to resign.
 Freeter Union also held its own May Day demonstration on May 2 with a slogan, Anti-rich Life is a Scandal, in Tokyos Shibuya district. More than 120 people who dressed in zombie costumes drew attention from tourists. The zombie attire symbolized poor young people who are forced to live like the living dead and are treated as such by the rich.
(By MATSUMOTO Chie, Freeter Union)


代々木公園の中央メーデーには28000人

5 月1日、東京・代々木公園で開催された中央メーデーにはおよそ28,000人が集まり、安倍政権下ですすむ労働者の権利削減にストップをかけようと訴え た。集会後、参加者は三コースにわかれて都内をデモ行進した。デモ隊は、集団的自衛権行使の反対や秘密保護法の廃止などを呼びかけた。出発地点の代々木公 園では、隣接するNHKを通過中「籾井はいますぐ辞めろ!」などのコールが響く一幕もあった。(松元ちえ)


 自由と生存のメーデー2015~渋谷繁華街を「ゾンビ」でデモ行進

5 月2日、「反富裕 Life is a Scandal」を掲げる「自由と生存のメーデー2015」が東京渋谷の街を約2時間半、デモ行進を行った。呼びかけはフリーター全般労働組合、主催は自 由と生存のメーデー2015実行委員会。毎年、メーデー前後の土曜日に若者たちを中心として行われている「自由と生存のメーデー」は、今年は120人以上 の「ゾンビ」を集め、ショッピング客や外国からの観光客で賑わう原宿・渋谷の繁華街をデモ行進した。 このゾンビのメイクは、金持ちには「死んだ奴ら」のように思われている貧しい若者たちのすでに死んでいるような生活を、死にながらも生きる「ゾンビ」に見 立てたものだ。


Workers at Okubo Glass go on strike, demanding 8-hour work




 The workers of National Union of General Workers, Tokyo Tobu, at Okubo Glass Co. in Tokyo went on the first strike in 18 years on May Day. The long dispute at the company that lasted 21 years and nine months began with discrimination and abuse against mentally disabled workers, who were forced to work 12- to 13-hour days. In the struggles, they won the three-shift days, improved working conditions and reached a favorable settlement with the company. However, the company introduced 12-hour shifts through a subcontractor.
 After the May Day rally and demonstration on May 1, comrades gathered at the company in support and solidarity with the union at Okubo Glass Co. (By NAGASAKI Hiroshi)

「8時間労働制を守れ!」~大久保製壜支部がメーデーストライキ

 5 月1日メーデー、全国一般東京東部労組大久保製壜支部は、18年ぶりの24時間ストライキに立ち上がりました。ご存じの通り、21年9ヵ月間の大久保製壜 闘争のきっかけの一つに、多くの障害者を差別虐待し、12時間、13時間の長時間などの過酷労働による酷使がありました。闘いの中で4直3交替などの労働 条件の改善も実現し、会社もようやく反省して全面和解協定が結ばれましたが、ここにきて、検査課職場に入れた請負会社を通して12時間シフト制の2組交替 制を導入してきたのです。日比谷メーデーの集会とデモに続き、13時頃から大久保製壜所前には東部労組各支部や地域の多くの仲間たちがぞくぞくと集まりま した。(長崎広)